家族葬という名のプラン|自分で予約をすることが可能

形式や制約にとらわれずに

好みや予算に合わせて

空

家族葬とは限られた一部の人のみで執り行うコンパクトな葬儀で、柏原では身内が亡くなった時にこれを選択する人が増えています。家族葬では、気心の知れた人のみが集まることになるので、外聞を多くは気にせずに済むからです。涙を存分に流しながら故人を偲ぶことも、内輪の人しか知らない思い出話に花を咲かせることもできるのです。そして柏原では、無宗教葬としての家族葬もよく行われています。無宗教葬とは、文字通り宗教的な儀式を省略した葬儀で、具体的には僧侶による読経、焼香などが省かれます。もちろんそれらに使用する祭壇なども不要となるので、その分より手軽に執り行うことができるのです。さらに、故人の経歴を写真やムービーなどで紹介したり、故人が好んでいた歌を参列者全員で歌ったりといったことも可能です。このように無宗教葬は、オリジナルのプログラムで進めていくことができるのです。形式や制約にとらわることがないため、より心を込めて故人を見送ることができます。また予算にも合わせやすいので、そのため柏原では無宗教葬の注目度が高まっているのです。もちろん無宗教葬でも、棺やそれを火葬場まで運ぶ霊柩車が必要となります。そのため基本的には通常の家族葬と同じように、それらを有している葬儀社にサポートを依頼することになります。そして柏原には無宗教葬用のプランを用意している葬儀社もあります。故人の写真を使ったムービーの制作や演奏家の手配なども任せることができるので、利用により準備や進行が一層スムーズになります。

マネープランの重要性

葬儀会場

シンプルな家族葬を選ぶのが、柏原市の葬儀の代表的なスタイルですが、早めに必要な資金を準備するのが理想的です。毎月3000円程度の積立から始められる、互助会制度を活用するのが、家族葬に必要な資金を計画的に用意する最善の方法です。互助会制度を設けている葬儀会社の中には、柏原市の家族葬にも対応している業者もあるので、誰でも着実にお金を貯められるでしょう。月々少しずつ貯めていくことで、数年後には50万円程度の金額を貯めることができます。今後の先を考えて互助会の積み立てプランを利用しておくのも得策です。そして少しずつ葬祭費用が積み立てられるだけではなくて、葬儀を行うときに割引料金が適用される点も、互助会制度が評価されている理由です。柏原市の葬儀会社では、会員専用のお得な家族葬のプランであれば、通常よりも大幅に割安となっています。そのため、80万円程度の費用でハイグレードなお葬式を挙げることも可能です。一方で互助会費の一括払い制度を活用すると、更に支払総額を減らせるので、少しでもお得に柏原市内で葬儀を行いたい人に最適です。またお得なプランを用意している葬祭業者も魅力がありますが、顧客のニーズに合ったサービスを提供している業者を選ぶ姿勢が大切です。24時間対応の受け付けサービスや、自社の葬祭場も完備している業者を選ぶのが、理想のお葬式を挙げるためのポイントです。オプションの種類が多い業者を利用すると、低予算でも家族のニーズに合わせて、故人をお見送りできるでしょう。

最期の時間を家族に

花

大阪の中心部に比較的近い立地にありながら、まだまだ自然が豊かな柏原は地域の住人たちの繋がりが多い街でもあります。柏原のように人と人とのつながりが多い街でも、昨今は家族葬が増えているのが現状です。生前付き合いが少ないから家族葬を選ぶのではなく、故人との最期の時間をゆっくり過ごしたいと願うことから家族葬を選ぶことも少なくありません。ただし、親族でないからと言ってお世話になった故人に何もせず送り出すということはためらいもあるでしょう。そこで家族葬を行うと聞いた場合の対応について考えてみましょう。柏原でも一般的な葬儀において、香典を持っていくのは当たり前のことでしょう。ただ家族葬の場合は受け取らない場合も多く、喪主の判断に任されています。もし迷った場合は一応準備だけはしておくか、もしくはお花などで弔意を伝えるといいでしょう。その場合もお返しは不要であるということは、一言伝えておくと安心です。弔問に関しては、参列は親族のみで行う場合がほとんどですので、葬儀の時間は避けるようにしましょう。柏原のように地域の密着度が高いと、ついつい思い出話に花が咲きがちですが、家族葬はあくまで家族がゆっくりと最期の時間を過ごす機会です。長居にならないように気を付けましょう。服装は地味な平服で弔問すれば大丈夫です。もし時間がない場合は、電話でお悔やみの言葉を伝えることも有りです。その際はもちろん短い時間で切るようにしましょう。

形式や制約にとらわれずに

空

気心の知れた人のみが集まる家族葬がよく行われている柏原では、無宗教葬にも需要があります。宗教的な儀式を省き、オリジナルのプログラムで進行できるので、故人の好みや予算に合わせやすいからです。葬儀社の中にはこのプランを用意しているところもあるので、依頼すればプログラムに合わせたサポートをしてもらえます。

もっと読む

初めて喪主を任されても安心

合掌

葬儀の喪主を誰にするかに厳密な決まりはありません。そのため喪主は個人とつながりの深かった方から選ぶとよいでしょう。万が一、喪主を任された場合でも不安に感じることはありません。柏原の葬儀社に依頼をすることで家族葬に関するサポートを受ける事が出来ます。

もっと読む

葬儀費用の検討方法

婦人

葬儀は一般に高額な費用がかかることから、遺族の方は経済的にも大きな負担を強いられる例が多いものです。参列者を親族や故人とごく親しい人に限定した家族葬は、費用を安く抑えられるため選択する人が増えています。柏原市の葬儀社に家族葬を依頼する際には、複数社から見積りを取って費用を比較するのが賢いやり方です。

もっと読む