家族葬という名のプラン|自分で予約をすることが可能

葬儀費用の検討方法

親族等に限定したプラン

婦人

人生の最後を締めくくる葬儀には儀式としての荘重さが求められるため、一般的な葬儀は高額な費用がかかるものです。想定される参列者の数が多い葬儀ほど規模が大掛かりとなり、費用もそれだけ大きい額が必要となります。そうした一般葬は故人の職場関係者や友人・知人に至るまで幅広く参列者を受け入れる形で行われますが、最近では自身の葬儀を小規模にとどめたいと考える人が増えています。そのような故人の遺志を尊重し、親族の他は故人とごく親しかった人だけが参列する家族葬の選択例が多くなっているのです。柏原市でも経済的理由等によって家族葬を選ぶ人が増えていますが、同じ家族葬でも依頼する葬儀社によって費用が違ってくるものです。多くのケースでは柏原市内にある病院で臨終を迎え、死亡診断書もその病院から発行してもらうことになります。その際には病院から葬儀社の紹介を受けるのが普通ですが、一般的に病院と提携している葬儀社は葬儀費用が割高となるケースが多いものです。柏原市内にも複数の葬儀社が存在しますので、葬儀費用を低く抑える目的で家族葬を選択する場合は複数社から見積りを取るといいでしょう。家族葬は一般葬を小規模にしただけで本質はそれほど変わりないため、葬儀の大きな流れは基本的に同じです。一般葬のように豪華な枕飾りや焼香用具・お花壇などが家族葬では省略されている例も多く、若干の費用を上乗せしてお花だけを増やす方法もあります。柏原市内の葬儀社では各社それぞれの家族葬プランを用意していますが、葬儀に必要なサービスがオプション扱いになっていないかどうかという点も比較する際のポイントです。家族葬にかかる費用は葬儀社との打ち合わせの仕方によっても変わってくる可能性がありますので、見積り書をよく検討することが欠かせません。葬儀社との入念な打ち合わせを経ることによって、費用面でも後悔のない家族葬が実行できるのです。

予算内でプランニング

数珠

柏原では、葬儀の相場は60〜90万円となっています。具体的には、斎場や祭壇などの使用料金と火葬の料金、宗教関係者へのお布施が、それぞれ20〜30万円かかるのです。ただしこれは葬儀の基本的な料金で、実際にはこれ以外に諸費用が多くかかります。たとえばお通夜や告別式では参列した人が食事をすることになるので、飲み物や料理の費用が人数分だけかかるのです。火葬場への移動に利用するマイクロバスの料金や返礼品の費用も、参列者が多ければそれだけ多くかかります。こういった諸費用により、柏原では葬儀にトータルで100万円以上かかることが一般的となっています。200万円を超えるケースもあるので、生前に生命保険に加入したり、積み立てをしておいたりという人も少なくありません。また、そもそも費用のかかりにくい家族葬にするという人も増えています。家族葬は、参列者の数が10人前後と少なめなので、その分諸費用の負担も軽めで済むのです。広々とした斎場や大きな祭壇も不要なので、その分基本料金も安めとなります。具体的には柏原では、40〜50万円の予算で家族葬を行うことが可能となっています。しかも葬儀社に最初に予算を伝えれば、その予算で賄うことができるように、うまくプランニングしてもらえます。そのプラン通りに家族葬を進行していけば、追加費用が発生する心配はありません。また柏原の葬儀社のほとんどが費用の分割払いに対応しているので、万が一予算オーバーとなっても、無理なく支払いをすることができます。

大切な人のために

花

人生にはたくさんやらなければならないイベントがあります。その中でも家族が大変になるのが、お葬式です。最近では自らが亡くなる前に、葬儀を決めておくこともポピュラーとなっています。葬儀の中でも人気があるのが、家族葬です。家族葬のメリットはなんといっても、家族に負担がかからないことです。また、家族葬は身内や親族などの内輪で行います。呼ぶ人が限られているので、迷うことがないのです。もし、家族葬でなければ、会社関係、友人、近所の人など、たくさんの人に声をかけることになります。しかし、家族葬は内輪で行うので、故人をゆっくりと慈しんで見送ることができます。内輪だと気を使うことが少ないので、思いっきり悲しむこともできます。また、故人がいなくなり、残された家族の精神的にも家族葬はいいのです。近年では家族葬を行えるところは増えています。柏原市の葬儀屋にも相談をすれば、行うことができます。柏原市の葬儀屋を調べるには、インターネットが便利です。また、柏原市の葬儀屋で良いところを見つけるには、口コミが重要です。インターネット上の口コミはもちろんですが、実際に葬儀に参加した方から聞けると確実です。柏原市で自らの葬儀を家族葬で行いたいのなら、信頼できる葬儀屋を見つけて、家族に相談しておくとよりスムーズです。自らの最後を決められるのは、幸せなことでもあります。わからない点などがある場合は、葬儀屋のスタッフに直接質問することができるため、積極的に聞いてみるとよいでしょう。

形式や制約にとらわれずに

空

気心の知れた人のみが集まる家族葬がよく行われている柏原では、無宗教葬にも需要があります。宗教的な儀式を省き、オリジナルのプログラムで進行できるので、故人の好みや予算に合わせやすいからです。葬儀社の中にはこのプランを用意しているところもあるので、依頼すればプログラムに合わせたサポートをしてもらえます。

もっと読む

初めて喪主を任されても安心

合掌

葬儀の喪主を誰にするかに厳密な決まりはありません。そのため喪主は個人とつながりの深かった方から選ぶとよいでしょう。万が一、喪主を任された場合でも不安に感じることはありません。柏原の葬儀社に依頼をすることで家族葬に関するサポートを受ける事が出来ます。

もっと読む

葬儀費用の検討方法

婦人

葬儀は一般に高額な費用がかかることから、遺族の方は経済的にも大きな負担を強いられる例が多いものです。参列者を親族や故人とごく親しい人に限定した家族葬は、費用を安く抑えられるため選択する人が増えています。柏原市の葬儀社に家族葬を依頼する際には、複数社から見積りを取って費用を比較するのが賢いやり方です。

もっと読む