家族葬という名のプラン|自分で予約をすることが可能

初めて喪主を任されても安心

喪主を選びましょう

合掌

柏原でも一昔前まで葬儀の喪主はその家を継ぐ長男が務める場合がほとんどでした。しかし最近では家督の概念も薄れてきたため長男以外が務めることも増えています。とくに近しいものだけで営む家族葬の場合はその傾向も顕著です。喪主を誰にするかに厳密な決まりがあるわけではないので、妻はもちろんのこと息子や娘など故人とつながりの深かった方から選ぶとよいでしょう。ただ喪主は葬儀の進行や経済的負担を担うなど葬儀の主催者となります。とくに近親者のみで執り行う家族葬の場合は喪主に大きな負担がかかるので、経済的にはもちろんのことてきぱきと葬儀を取り仕切れる方を選んだ方が無難です。喪主となる方はまず葬儀の方法を葬儀社と相談して決めましょう。柏原の葬儀社に相談すれば仏式や神道のほかキリスト教形式の葬儀も可能です。家族葬の場合であれば宗教の形式をとらないお別れもできます。どのような形式を選ぶかは葬儀内容や予算を参考にしながら相談してみましょう。柏原の葬儀社に相談すれば墓所の紹介も行ってくれます。複数の墓所をピックアップして紹介してくれるので都合のよい場所が見つかります。また家族葬の場合は湯灌や旅支度をはじめ納棺までを親族とともに行うことになるので、喪主の方は儀式の方法なども理解しておく必要があります。このようなお見送りの儀式は柏原の葬儀社なら事前にレクチャーしてくれます。柏原の葬儀社なら葬儀期間中にスタッフのサポートも受けられるので、スムーズに喪主を務めることができます。

各種届出も代行

葬儀会場

亡くなった方を埋葬し、お葬式を進めていくには、医師が発行する死亡診断書が必要です。臨終を確認した医師によって発行される死亡診断書は、役所への死亡届や火葬許可書の手続きをする上でも不可欠となる書類です。柏原の葬儀社にサービスの依頼をした場合は、こういった作業もすべて代行してもらうことが出来ます。遺族が受け取った死亡診断書を役所に持参して、手続きを行うのも柏原の葬儀社が担うサポートの一環です。通常は、臨終後、数日の間に火葬が行われますので火葬許可書は早めに入手しておく必要が出てきます。役所の窓口が閉鎖する土日祝日をはさむと、葬儀のスケジュールにも工夫を要します。タイミングが読めない状況でも、常に的確な判断を行うのが葬儀社のスタッフです。一連の手続きは遺族が行うことも可能ですが、多忙な中の対応は難しく、葬儀社に一任する方が非常に多いです。近ごろの家族葬には、このような故人の供養に必要なプロセスはすべて含まれています。柏原の葬儀社の家族葬も、臨終後のケアや各種手続き、火葬といった一連の作業はほぼスタッフがサポートを行います。費用を抑えても、基本的な葬儀の流れは変わらず、従来のお葬式とのギャップは家族葬の場合は少なくなります。こういった傾向は、柏原に限らず全国的に行われている家族葬の1つの傾向です。小さなお葬式というイメージがありますが、必要なサービスは十分に受けられますので、遺族としても安心出来る葬儀のプランです。

信頼のある業者が多いです

葬式

柏原市では、かつて葬儀は故人の会社関係者や友人など多くの人が参列する一般葬が主流でした。しかし今は経費面や負担面を考慮して、家族や親類のみで実施する家族葬が多くなってきています。このため家族葬を専門とする葬儀社も多くなってきています。故人が亡くなるとまずやらなければならないのが葬儀社への連絡です。柏原市には多くの葬儀社がありますので、できるだけ複数社に声をかけることが重要です。一般葬に比べて家族葬は規模が小さいため価格も安くなってきていますが、それでもそれなりの費用はかかるものです。このため少しでも費用を抑えるためには柏原市にある複数社から見積もりを徴収することが重要となります。この際、葬儀社に対しては複数社から見積もりを取り寄せる旨を伝えることがポイントとなります。そうすることにより驚くべき価格を提示してくる業者もいます。不幸の最中、こうした作業をしかも短時間でしなければなりませんので、遺族にとってはかなりの負担となりますが、お金のことですのでここは慎重にしたいものです。柏原市内で適切な葬儀社が見つかったら、葬儀社の車で故人の遺体を葬儀社へ運びます。そして一段落付いたら葬儀社と家族葬について打合せをします。打合せ内容としては、まず葬儀形式の検討から始まります。葬儀には仏式、神式、キリスト教式など様々ありますので、まずはそのスタイルをどうするのかを決めます。そしてスケジュールの策定です。通夜や告別式などの日取りを決めます。さらに喪主を誰にするのかといった打合せも重要です。喪主は家族葬を取り仕切る重要な役割を担います。このほか僧侶の手配、祭壇や棺のデザイン、料理や返礼品についても葬儀社と入念に検討します。

形式や制約にとらわれずに

空

気心の知れた人のみが集まる家族葬がよく行われている柏原では、無宗教葬にも需要があります。宗教的な儀式を省き、オリジナルのプログラムで進行できるので、故人の好みや予算に合わせやすいからです。葬儀社の中にはこのプランを用意しているところもあるので、依頼すればプログラムに合わせたサポートをしてもらえます。

もっと読む

初めて喪主を任されても安心

合掌

葬儀の喪主を誰にするかに厳密な決まりはありません。そのため喪主は個人とつながりの深かった方から選ぶとよいでしょう。万が一、喪主を任された場合でも不安に感じることはありません。柏原の葬儀社に依頼をすることで家族葬に関するサポートを受ける事が出来ます。

もっと読む

葬儀費用の検討方法

婦人

葬儀は一般に高額な費用がかかることから、遺族の方は経済的にも大きな負担を強いられる例が多いものです。参列者を親族や故人とごく親しい人に限定した家族葬は、費用を安く抑えられるため選択する人が増えています。柏原市の葬儀社に家族葬を依頼する際には、複数社から見積りを取って費用を比較するのが賢いやり方です。

もっと読む